当たり前の出費を見直して見ましょう

節約についてまず頭に浮かぶのは毎日の食費や光熱費ですが、意外に気づかれないのが大きな出費の節約です。毎月当たり前のように口座から引き落とされている住宅ローン・生命保険・自動車ローンなど一度決まった金額は変わらないものと思

「これ以上使ってはいけない」でなく「ここまでは使っていい」でやっていこう

貯蓄のために節約しようと一念発起し、気合をいれて節約生活を始めた人を待つ落とし穴・・・それは「リバウンド」。つまり「無駄なお金を使わないために、我慢を強いる予算計上をしたが、それでストレスをためてしまい反動でムダ使い、散

簡単に誰でも出来る節約をやってみませんか?

節約といっても、すごい金額の節約もあれば、私のように、ミミちい節約もあります。私の場合、スーパーのビニール小袋をもらったり、(これは無料でもらえます)それを使って簡単な料理ができるのです。このビニール袋を使って電子レンジ

お金を生み出すことも節約のひとつ

お金を貯めることって難しいです。難しいけれどたくさんの人が一生懸命に仕事をしてお金を残すように努力していますね。これは苦労がつきまとうお金の貯めかたですが、一番たしかなお金の貯めかたとも言えるのです。 世の中にはいろんな

ランチ代の捻出のため

主人と子ども二人(小学生)の4人家族です。現在、私は働いておらず、主人のお給料だけで生活しています。ただ、うちの場合は、家計は主人が握っており、私は、毎月、生活費、食費のみをもらい、あとは主人が全部払っています。結婚当初

お金はすぐに無くなってしまうからこそ

景気回復が実感できない時代だからこそ、少しでも節約して将来のために貯蓄したいものです。 節約術には、いろんな方法がありますが、まずは何にいくら使ったのかしっかりと把握することが大事になってきます。 生活していく中で必要と

メガバンクの口座を作って便利に利用

私が紹介するのは、銀行の手数料節約術です。 ATMは時間外には使わない。 これは、節約をやっている人にとっては常識となっています。 そこで、更に、振り込み手数料を節約する方法。 それは、大手メガバンクの口座を作っておく事

ブランド品は質屋で買取してもらい節約生活に切り替えよう

貯金するには無駄なものや高級品を買わないようにするということも大事ですが、今まで買ってきた高級品を売ってしまってお金にするというのも良い方法です。ですから貯金したいがために、いらないブランド品や宝石類を質屋に持っていく人

ちょっとした節約が、大きな変化につながるように思います。

最近、家族が入院しました(無事退院しました)。そのとき、気づいたことがあるので、書きたいと思います。 私は地元で病院に行きやすかったこともあり、毎日付き添いに行きました。 家から病院までの間、行きは歩いていけるのですが、

半分の「つもり貯金」がなかなか貯まる

普段から節約に励んでいても、やっぱり一攫千金を狙う気持ちもあって定期的に宝くじを購入しています。 でもやっぱり宝くじは「当たることも当たらないこともあるのは当たり前、むしろ当たらないことのほうが多い」わけです。 それで少

美容代を節約するためにしていること

私は節約を意識した生活を送っていますが、身だしなみには気を配りたいと思っています。 女性は男性に比べて、化粧品やヘアケアなど、美容代が高くついてしまいます。 そのため、私は少しでも美容代を安く済ませるように工夫しています

私の一人暮らし節約術

半年ほど前から一人暮らしを始めたのですが、自分のお小遣いが足りないことに気付き、節約を始めることにしました。 しかし自分で考えて節約するには限界があり、友人や会社の同僚に聞いて節約術を聞いて回りましたよ。 そこで私が実践

年間9万円食費を減らす方法。

雑誌に書いてあった裏技を使ったら貯金が増えました。それは、一月を30日ではなくて40日と思って生活をする、という方法です。私は一人暮らしなのですが、以前は食費が一月おおよそ30000円でした。これを30日で使い切るのでは

物の値段が上がる状況での節約

今年に入り更なる値上げが実施されている現状で、原材料の高騰とあわせて消費税増税前に値上げを実施している企業も増えている現状です。そうなると家計には今でもかなりのダメージを与えかねませんが、そこはなんとか節約術を駆使して乗

買い物に行くときに持つのはギリギリの金額のみ!

買い物に行くと、ついつい無駄なものばかり買ってしまいませんか?1つだけ買うつもりで来たのに売り場に行くと「あれもほしい」「これもいる」となって結局多くのものを買ってしまった経験、誰でもあるのではないでしょうか。1回の買い

タリーズコーヒーの3大節約方法

私は作業や連絡チェック、予定チェックなどをする際にカフェをよく利用します。ファミリーレストランでも家でもなくカフェが一番捗るのですが、もちろんコーヒー代はかかります。そこで、どうしたら少しでも安くカフェを利用できるかを調