ウォシュレットは一手間かけて設定変更をしましょう

現在、ウォシュレットが取り付けてある家庭が多くなっています。今は、寒い冬でも便座に座ると温かいですが、その分電気代がかかります。ウォシュレットには、便座や洗浄水の温度を設定したり、切る機能がついています。

夏の間は、便座を温かくしておく必要がないので、便座の温度を切ることで節約ができます。冬の間は、温度を上げる必要がありますが、便座のフタをしめることで、節約に繋がります。便座のフタを開けっ放しにしておくと、ウォシュレットは、便座を温める為に、電気をつかいます。

便座カバー代の初期投資はかかりますが、便座カバーを使用して、便座の温め機能を切ったり、温度を下げたりして節約に繋げることもできます。ウォシュレットには、オート洗浄・ふたの自動開閉・消臭など便利な機能が沢山ついてくるようになりました。

オートにしたり、様々な機能が使える状態にしておくと、それだけで電気をつかうので、極力手動でできるところは、オート機能をオフしておきます。究極の節約方法は、ウォシュレットのコンセントを抜いておくに尽きると思いますが、洗浄機能を使用したい家族もいると思うので、できる限り電気を使わないように工夫していくのが一番です。